30代女性の薄毛の原因・特徴

30代女性の薄毛の原因・特徴

 

30代女性の薄毛の原因

 

最近では、薄毛に悩む30代女性も珍しくありません。
本来女性は、女性ホルモンの働きで、男性よりも薄毛は少ない体質です。
それでは、一体何が原因で30代女性の薄毛が生じてしまうのでしょうか。
30代女性の薄毛には、いくつかの原因が考えられます。

 

ヘアサイクルの乱れ

多くの場合、ヘアサイクルが上手に機能してないことが挙げられます。
ヘアサイクルとは、髪の毛が作られて抜け落ち、生えかわるまでの一連の周期のことです。

 

ヘアサイクルが乱れることで、髪の毛の抜け落ちる時期が早くなり、髪の毛自体が細く弱くなります。このようにヘアサイクルの乱れが、30代女性の薄毛の大きな原因と言われているのです。

 

女性ホルモンのバランス

ヘアサイクルを乱れさせる原因の一つが、加齢によるホルモンバランスの乱れです。
身体の中でいろいろな働きを持つホルモンは、加齢や閉経などにより分泌量が減少します。ホルモンのバランスが乱れることで、身体の各部分の働きに悪い影響を及ぼすことに繋がるのです。

 

女性ホルモンは30代くらいから減少していき、40代で急激に減少します。
特に、女性ホルモンであるエストロゲンには、毛髪を育て維持する働きがあるのです。
このエストロゲンの分泌が減少することで、ヘアサイクルが崩れてしまいます。

 

ホルモンのバランスは、年齢を重ねると共に、誰でも変化が現れるものです。
しかし、毎日の生活習慣を正しく整えることで、抜け毛を減らすことは可能になります。

 

偏った食生活や睡眠不足、過剰なダイエットで乱れた生活習慣は、ホルモンバランスも崩れてしまうのです。結果として、理想のヘアサイクルが乱れてしまいかねません。

 

30代女性の薄毛の特徴

30代女性の薄毛の場合、男性の薄毛とは異なった特徴があります。
生え際や、頭頂部から部分的に薄くなるわけではありません。
髪の毛全体が徐々に、ボリュームダウンしてしまうのです。

 

しかし、最近では女性でも、男性と同じような脱毛の症状が出る方が増えています。
やはり、ホルモンバランスを整えることで、ヘアサイクルを取り戻すことが大事です。
薄毛が気になりだしたら、食生活・生活習慣を見直しましょう。