女性が30代になると毛が細くなる理由

30代になると毛が細くなる理由

 

「10代や20代は、少しくらいの無理をしてもつやつやの髪がキープできた」
こんな風に悩む30代女性が増えています。
しかし、これは「30代だから」髪の毛が細くなったわけではないのです。

 

ここでは、30代ならではの薄毛の悩みをピックアップしてみましょう。

 

女性らしさを追及するためのオシャレが原因

女性なら、身だしなみに気を使う機会も多いでしょう。
例えば、こんなふうに考えていませんか?

  • パーマとカラーリングでばっちり決める
  • スタイリング剤で髪型の乱れを許さない
  • 毎日のシャンプーはエチケット

何もこのこと事態が悪いとは言いません。
しかし、それぞれを行なう頻度や方法に髪の毛が細くなる原因が潜んでいるかもしれないのです。というのも、いずれの行動も髪の毛には少なからず刺激になっています。
これにより、正常な髪の抜け替わりや成長を妨害している可能性があるのです。

 

頭皮は顔の皮膚と同じ構造

皆さんは、洗顔するときに「ゴシゴシこするとダメ」と思っていませんか?
これは、こすることによる摩擦が刺激となり、肌トラブルにつながるためです。
実は、頭皮についても同じだということは忘れがちです。

 

刺激を受けた頭皮はストレスを感じ、毛根が傷付き、髪が生えにくくなります。そのため、新しく生えてくる髪の毛が細くなってしまうことが多いのです。

 

30代はベテランぞろいばかり

仕事を持っている女性も、家庭を守る主婦も30代は、様々なことでベテランの域です。
仕事を覚えて、部下ができて教育係になると今までに経験のないストレスにさらされます。
また、主婦も子育てに忙殺されやすい時期だと言えます。

 

このように多方面からのストレスでホルモンバランスが乱れやすいのも30代の特徴です。
実は、このホルモンバランスの乱れは、正常に戻すためには生活習慣の見直しから始めなくてはなりません。
しかし、そこは一朝一夕では改善しないのも事実です。

 

このように、30代女性ならではの問題点から、髪の毛が細くなる理由が見えてきます。
改善には、一刻も早い対策が欠かせません。
深刻に髪の毛の悩みを抱える前に、日常生活を振り返ってみましょう。