女性用育毛剤と男性用育毛剤の違い

女性用育毛剤と男性用育毛剤の違い

 

女性用育毛剤と、男性用育毛剤の違いは何でしょうか?
育毛剤には、男女兼用の商品も市販されています。

 

ですが、薄毛の原因も異なり、男女共に女性ホルモンと男性ホルモンの割合に違いがあるのです。

 

薄毛になる原因で、最も多いのはホルモンバランスの乱れが挙げられます。
そのバランスを整えるにも、男女のホルモン比率で有効成分を変える必要性があるのです。
ですから、男女兼用の育毛剤を使用するよりも、使い分けしたほうが、より効果的になります。

 

つまり、女性用育毛剤と男性育毛剤の効果に違いがあり、その含有成分にも違いがあるのです。ここでは、薄毛になる原因の違いと、有効成分の違いを順を追って説明いたします。

 

男女の薄毛の症状と原因の違い

女性の薄毛の原因は、加齢と不規則な生活習慣や、睡眠不足が深く関係しています。
この原因で、女性ホルンの分泌量に異常が起きているのです。
女性に多い加齢による薄毛を、「びまん性脱毛症」と言います。

 

一方、男性の薄毛は、遺伝や頭皮のケア不足が目立ちます。
暴飲暴食・飲酒・喫煙で、男性ホルモンに悪影響を与えているのです。
「男性型脱毛症」は体内で生成される脱毛ホルモンによって薄毛になるケースが増加しています。

 

育毛剤の有効成分の違い

「びまん性脱毛症」を改善するには、睡眠をしっかりとることが良いのです。
さらに、女性用育毛剤で、毛髪に必要な栄養成分を与えることも重要になります。
女性の薄毛に効果のある有効成分は、以下の通りです。

 

  • 「加水分解酵母エキス」…毛乳頭細胞に働きかけて育毛を促進する
  • 「ラズベリーケトン」…毛母細胞のインスリン様成長因子を分泌させ抜け毛を防ぐ
  • 「ヨモギエキス」…抗男性ホルモン作用で薄毛を緩和していく
  • 「トウキエキス」…保湿効果で頭皮をやわらかくしていく
  • 「エビネエキス」…血行促進の効果で頭皮の栄養を維持する

 

「男性型脱毛症」を改善するには、生活習慣を規則正しく整えることです。
強力な脱毛ホルモンを分解するには、育毛剤の助力が必要になります。
男性の薄毛に効果のある有効成分は、以下の通りです。

 

  • 「ヒオウギエキス」…5αリダクターゼを抑え抜け毛を防ぐ
  • 「フィナステリド」…ジヒドロテストロンの生成を抑え抜け毛を防ぐ
  • 「ミノキシジル」…血行を促進し毛母細胞に必要栄養分を届ける

※ミノキシジルは、高血圧の方の使用はできません。

 

以上のように、女性用育毛剤と男性用育毛剤には違いがあります。
育毛剤を選ぶときには、有効成分が配合されているか確認しておくことが大切です。
また、アレルギー体質の方は有効成分以外の成分にも注意して選びましょう。