30代 女性 育毛剤

30代女性の薄毛原因に多い「糖化」とは?

 

 

皆さんは「糖化」による女性の薄毛をご存じですか?
以前は、女性の薄毛は更年期を過ぎた女性に多くみられる現象でした。

 

ところが、最近30代女性の間で薄毛に悩んでいる方が増加しているのです。
その原因の1つが「糖化」によるものだと言われています。

 

糖化は人間の身体を焦がす?

人間の体は、食べ物を摂取することで作られています。
食べ物から摂りこまれた糖はタンパク質と結びつき変化してAGEsという成分が作られます。
AGEsは、糖質の高い食事を取った後でタンパク質と結びついて、肌や髪を老化させる成分です。
ところで、肌や髪の毛はタンパク質で構成されています。
このためAGEsの影響をうけてしまい、老化が進んでしまうと言われているのです。

 

身体が焦げる?

糖化について分かりやすく例を挙げてお話しします。
焼き菓子を作ると、オーブンでこんがりきつね色に焦げ目がつきます。
これは材料の砂糖が、牛乳や卵のタンパク質と合わさり変化をしているためです。
この現象と同じようなことが体内で発生することを糖化と呼びます。

 

糖化による薄毛減少の症状

 

では、糖化は肌や髪にどのような影響を与えるのでしょうか?

 

  • 肌が老化する糖化
  •  

    タンパク質である肌の弾力成分コラーゲンが、糖化により劣化します。
    肌にくすみ、たるみ、黄ばみなどあらゆる老化現象を引き起こすのです。

  • 髪が老化する糖化
  •  

    髪はケラチンというタンパク質で作られています。
    このため髪の潤い、ツヤが失われます。

     

    そして、切れ毛や抜け毛をおこしやすい“もろい髪”になるのです。
    さらに、肌の一部である頭皮にも影響があります。
    糖化で弾力を失った頭皮は、血液や栄養を充分に供給出来ず、薄毛を引き起こします。

 

糖化を防ぎ薄毛予防のために出来ること

では、糖化を防ぐためにはどうしたらよいのでしょうか?
それは生活全般を見直すことから始まります。

  • 食生活を見直しましょう
  •  

    まず、食生活を改善しましょう。
    糖化予防は、糖分を必要以上に摂取しないことです。
    ファーストフードやスイーツの摂りすぎも糖化を促進します。

     

    また、食事の順番も大切です。
    血糖値が高いほど糖化減少が起きやすくなります。
    野菜→タンパク質→炭水化物という血糖値を上げない順番が基本です。
    これは、薄毛予防だけでなく健康にとっても理想的な食べ方と言えます。

 

  • 軽い運動をしましょう
  •  

    軽い運動は、血糖値を下げます。
    エレベーターやエスカレーターをやめて、階段の昇降をするだけでも違ってきます。
    軽いストレッチも有効です。

     

    糖化による薄毛予防方法は健康管理と同じです。
    気持ち1つで簡単に始めることが出来るといえます。
    深刻な悩みになる前に、薄毛予防のために生活改善をしてみませんか?