30代 女性 薄毛 頭頂部

頭頂部からくる薄毛の原因は?

 

一般的に、頭頂部からくる薄毛は、男性に多く見られる症状です。 男性の薄毛のほとんどが、男性型脱毛症と呼ばれるものになります。 しかし、最近では、女性の中にも、頭頂部から薄毛が見られる場合があるのです。

 

その理由とは、一体、何でしょうか。

 

男性型というだけあって、男性だけの症状と思われがちです。
しかし、女性であっても男性型脱毛症になる方がいます。
AGA(男性型脱毛症)と区分して、FAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれる症状です。

 

男性だけの問題ではない

何故、女性でも、男性型脱毛症になるのでしょうか。
実は、女性の身体の中にも、少なからず男性ホルモンは存在します。
通常であれば、女性ホルモンの方が、優位に作用するでしょう。
しかし、何らかの原因によって、ホルモンのバランスが乱れることがあります。

 

そうすると、微量な男性ホルモンが悪さをしてしまうのです。 薄毛に関係するホルモンの物質が、テストステロンになります。
テストステロンは、還元酵素の影響を受け、ジヒドロテストステロンに変わります。

 

すると、身体を守る免疫機能がジヒドロテストステロンを有害な物質だと認識してしまうのです。 その結果、毛根細胞を攻撃して、破壊してしまいます。
そして、ヘアサイクルに、悪い影響を与えてしまうでしょう。

 

ホルモンバランスが乱れる原因

ホルモンのバランスが乱れてしまう原因は、実に様々です。
大きな影響を与えると考えられるのは、ストレスや生活習慣に由来するものになります。

 

ストレスや生活習慣が、肌に影響を与えるというのはご存知でしょう。
実は、髪の毛の育成にも大きな影響を及ぼすのです。
特に、30代の女性の多くが日々のストレスや良くない生活習慣の下にあります。
ですから、日頃の生活の仕方から改善していくことが欠かせません。

 

遺伝

ストレスや生活習慣の他に、男性型脱毛症の原因として考えられるのが遺伝です。
自分の家系を調べてみて薄毛の多い方は、気をつけることが大事になります。
遺伝の場合、なかなか対策は難しいですが早期に見つけることが重要です。
早めに手を打つことで、少しでも薄毛の進行を遅らせることが、できるでしょう。

 

頭頂部からくる薄毛が、免疫系の病気の症状である可能性もあります。
薄毛が気になりだしたら、一度、健康診断を受けてみるのも良いでしょう。