30代 女性 薄毛 分け目

分け目からくる薄毛の原因は?

 

気になる分け目の薄毛

最近では、女性の多くが30代くらいから薄毛の症状に悩まされています。
特に、髪の分け目の薄さが、目立つようになってくるのです。
結婚や出産などといった、一時的なもの関連があると考えられます。

 

また、毎日の仕事や育児などで、ストレスを受けているのも30代女性の特徴です。
早めに、抜け毛や薄毛の対策をしておくことが欠かせません。

 

まだまだ大丈夫だと思われてる方も油断せず、気をつけましょう。
それでは一体、分け目からくる、30代女性の薄毛の原因とは何でしょうか。
大きく分けると、2つの原因が考えられます。

 

女性ホルモンの減少

まず、第一に、加齢による女性ホルモンの減少があります。
女性ホルモンには髪の毛の成長を促進し、ハリやツヤを与える働きがあるのです。
そのため、女性ホルモンが減少するとヘアサイクルが乱れ、薄毛につながってしまいます。
加齢による老化は、30代くらいから始まるものです。
肌である頭皮も、お肌の曲がり角と言われる20代を過ぎると老化が始まります。

 

老化が始まると、色々な身体の機能低下を引き起こしてしまうのです。
同時に、女性ホルモンも減少してしまいます。
女性ホルモンの、分泌のピークは30代前半です。
体質によっては30代後半にもなると、一気に減少してしまうことになるのです。

 

もちろん、老化現象は人によって、個人差があります。
30代前半という早い時期から、女性ホルモンが急激に減少する方も珍しくありません。
30代は、女性にとって、ホルモンバランスに大きな変化が生じる時期です。

 

薄毛を気にされる女性が、急増する世代になります。
すなわち、30代以降の女性の薄毛は老化のサインと言えるのです。

 

ストレスや生活習慣

第二の原因として考えられるのが、ストレス過剰や生活習慣の乱れになります。
これらの原因によって、頭皮の状態や血流が悪くなり髪の毛に栄養が届きません。
その結果、髪の毛が細くなり薄毛につながってしまうのです。

 

働いていれば30代以降になると、仕事や人とのお付き合いも忙しくなります。
また、出産して育児に励む方も、少なくありません。
それによって心身ともに、大きなストレスや負担がかかることが増えています。

 

さらに、加齢による女性ホルモンの減少と連動してしまいます。
そして薄毛のリスクが、より一層、高まってしまうのです。
睡眠不足や偏った食生活、飲酒、喫煙などの不健康な生活習慣は、薄毛を招いてしまいます。

 

分け目からくる薄毛は、少しずつ進行していきます。
全体的に薄くなっていく傾向にあるので、気付いた時には、
かなり深刻な状態になっているのです。
気にならない方も、こまめに、分け目のチェックを心がけましょう。